ブログ

新型コロナでどうする!どうなる?国家試験!?

  • ブログ
  • 一陸特
  • 三陸特

国家試験も中止! この状況はいつまで続くのか?

皆さんこんにちは。
先日、4~6月の無線従事者国家試験の中止が発表されましたね。

アマチュア無線技士だけでなく、一陸特、三陸特などの特殊無線技士も対象となっています。
まさかの国家試験中止の事態に、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 ※ちなみに特殊無線技士は以下の日程の国家試験が中止となっています。
  第一級陸上特殊無線技士・・・2020年6月11日(木) → 中止
  第二級陸上特殊無線技士・・・2020年6月10日(水) → 中止
  第三級陸上特殊無線技士・・・2020年6月10日(水) → 中止
 

無線従事者の資格だけでなく、電気工事士や情報処理技術者、
保育士、司法試験などあらゆる試験が延期や中止を発表しています。

このような状況はいったいいつまで続くのでしょうか?

 「緊急事態宣言が解除されるまで?」

 「新型コロナの治療薬ができるまで?」

 「夏まで?、冬まで?、来年まで?、再来年・・・・???」

今はまだ誰にも分かりません。

仮に、インフルエンザと同じように夏にかけて感染者数が減ったとしても、
また冬になると感染者が増えてくる可能性も考えられます。
ウイルスが突然変異を繰返し、インフルエンザのように毎年流行するようになったら・・・

考えたくもありませんが、そのような状況になる覚悟をしないといけないのかもしれません。
願わくば、一日も早く再開できるようになって欲しいですね。

今、私達にできること

新型コロナウイルスの影響は、私達の生活を一変させてしまいました。
緊急事態宣言が発令されてからは、町からは人が消え、休日を楽しむことも出来ません。
本当にこれは大変なことになってしまった・・・と感じています。

私自身も不要不急の外出は出来るだけ避け、仕事もテレワークに切り替えたりしています。
急な環境の変化に戸惑いもありますが、
自分にできる範囲で少しでも社会の役に立てればと思っています。

当社の実施する講座においても、さまざまな変化が起きています。

集合型の講座を予定していたお客様から、「急遽eラーニングに変更したい」とのご希望や、
「予定していた仕事が空いたため、代わりに資格講座を取らせたい。」
「WEB会議方式で講座をして欲しい」などなど。
今までと違った理由でのお客様からのお問い合わせや、お申込みを頂いております。

当社としても、一日も早く新型コロナウイルスから日本の経済が回復することを信じて、
頑張っている全ての方を応援したいと考えています。

eラーニングでも注意は必要!

無線従事者の国家試験が中止となった今、
eラーニングで免許を取得しようとされている方は注意も必要です。

当社のeラーニングにおいては、学習のロケーションや時間に制限はありません。
自宅から出なくても講座が受けれるので、安心安全な受講が可能です。
修了試験は国家試験と違い、専用会場のパソコンで実施します。

国家試験のように決まった日程ではなく、お客様の都合の日程で会場を予約できますが、
試験を受けるにはテストセンターへ行く必要があります。

当社のeラーニングでは、全国260ヵ所以上のCBTテストセンターで試験を実施しています。
新型コロナの影響で一部営業を自粛している会場もございますが、
テストセンターの状況は随時更新されていきますので、最新情報をご確認ください。

試験を受験する皆様におかれましては、
緊急事態宣言が解除されるまで、もしくは、新型コロナの影響が収まるまでは、
学習はeラーニングで進めて頂き、試験は時期を見て受験して頂くほうが良いかもしれません。

ご自身の身を守る行動を取ってください。

Afterコロナを見据えて

先が見えない今だからこそ、未来を見据えた行動も必要です。

 仕事が毎日早く終わる。

 休日がたっぷりある。

 外出もできない、家にいる時間もたっぷりある。

こんなに勉強に適した環境というのは、社会人として初めての経験です。
そして、もう二度とない(なくて良い!)かもしれません。
ちょっとゆっくりした後は、未来に備えて資格取得などいかがですか?

少しでも早く、みんなで笑って乾杯できる世の中に戻って欲しいですね。