ブログ

乗るしかない、このビッグウェーブ(5G)に!!

  • ブログ
  • 一陸特

皆様こんにちは!

10月といえば第三四半期の始まりですね。
多くの企業が一年を折り返す重要な時期。
下期の数字達成など、頭を悩ませている方も多いのでは?

そんな中、弊社の講座もおかげ様で受講者が倍増しています。
また、最近は法人様からの問い合わせ多くいただいております。
なかでも、「複数人を受けさせたい」というお客様が非常に多いんです!

そこで、何人かのお客様へ資格取得の理由を尋ねたところ、
ひとつの答えが見えてきました。

そのキーワードは、やはり「5G」
いつの間にか、5Gの波はスグそこまで来ていたのです。

5Gに何故資格者が必要なのか?

2020年から本格的に始まる5Gのサービス提供に向けて、
全国で携帯基地局の建設ラッシュが始まろうとしています。

しかし、ご存知のとおり、5Gにはクリアすべき問題もあります。

5Gは電波が届かない

5Gでは高い周波数帯を使用するため、ビル影などは電波が届きにくくなります。
そのため、膨大な数の基地局を作らなければ、不感地帯を解消することができません。


その結果、どうなるのでしょう?

膨大な数の基地局の運用、メンテナンスには相応の資格者が必要です。
つまり、基地局の数と同様に、一陸特の資格者が数多く必要とされているのです。

しかし、資格者の数は決して多くありません。
そこで、企業では自社の社員に取得させる流れを加速させているようです。
複数の人材に取得させなければ、需要に対して追いつけませんからね。

そして、資格取得に走っているのは、大手の元請だけではありません。
情報を早くからキャッチしている企業は、資格取得の動きが早いようです。
皆様も出遅れないようにしてくださいね。

第一波のピークはいつまで? 続く第二波とは?

はっきりとしたことは言えませんが、
携帯キャリア網の建設については、今から2~3年がピークではないでしょうか。

まずは、都市部から建設が始まり、
全国に5G網が完成するのは、もう少し先になるでしょう。
建設が終われば、もちろん保守メンテナンスが必要になります。

一陸特の資格者が活躍するのは、そういった保守の場面が多いでしょう。
全国の膨大な数の基地局を保守するには、いったい何人の資格者が必要になるのか・・・

「なんだ、2~3年しかないのか・・」
と、思っている皆様!

安心してください。
5Gには今までと違う、通信の未来があるんです!!

ローカル5Gがやってくる!

ローカル5Gとは、携帯電話事業者が全国で提供するサービスではなく、
企業や自治体などが、自らネットワークを作り運営する5G通信です。

例えば、企業のビルや病院、工場など、
エリアを限定して提供する独自の通信サービスが可能となります。
しかも超高速で大容量、超低遅延という5Gの特性を存分に利用できます。

そんな夢のようなことが、自由にできるようになるんです!

通信の技術は日進月歩です。
ぼやぼやしていたら、あっという間において行かれちゃいます。

多様化する技術に対応するために、
私たち技術者は日々勉強を怠らないようにしなければいけません。

あっという間に世界が変わる!


「5G(ローカル5G)って何が変わるの?」

中々想像がつきませんよね。
5Gによって、私たちの生活はどのように変わるのでしょうか?

みなさんも、少しだけ想像してみてください。

産業の場では、工場内のデータ収集や産業用ロボットの制御など、
IoT(インターネット・オブ・シングズ)やAIと組み合わせることで、
産業の構造が革命的に飛躍すると言われています。



建設現場では、大型重機は遠隔操作や自動運転となり、
昼夜問わず、
無人で安全な工事を可能とします。



イベント会場などでは、リアルタイム・マルチアングルは当たり前。
臨場感たっぷりの映像を4Kや8Kで楽しめるように。



農業分野では、トラクターの自動運転やドローンを使って農薬散布。
天候を予測し、散水や温度管理も
オートメーション。
収穫時期だってコントロールされていきます。



医療現場では、過疎地との遠隔医療だって夢ではありません。
5Gが命を救う手助けになって欲しいですね。



5Gをめぐる動きは、これからますます活発化していくことでしょう。
アイデア次第で大きなビジネスチャンスですよね。

一陸特の資格者が活躍できるフィールドはますます広がります!

乗るしかないですね、このビッグウェーブに!!